富士サファリパーク混雑状況2018!ナイトサファリやライオン赤ちゃん・駐車場情報も

富士山をバックにたくさんの動物を見ることができる人気スポット、富士サファリパーク。

ナイトサファリやライオンの赤ちゃんとの撮影会など期間限定のイベントも開催されています。今回は人気スポット、富士サファリパークの混雑状況について紹介していきますので、行かれる方はチェックして下さいね。

ライオンの赤ちゃんと写真撮りたいよね〜!でも、混んでるのはちょっといやかも。
長期休みの期間は混んでるけど、回避方法もあるっぽいよ!
スポンサーリンク

富士サファリパークの混雑状況と開園時間

富士サファリパークの混雑状況についてですが、

  • 春休み
  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み
  • お盆
  • 冬休み
  • お正月

といった長期休暇の時期に混雑する傾向にあります。これらの日は繁盛期と言われており、繁盛期の土日祝はとくに混雑します。

また、混雑する時期に合わせて営業時間も変わります。

ちなみにお盆は一番早い開園時間が朝7時半!
それ以外は土日は8時半、平日は9時から開園って感じね。

富士サファリパークの公式サイトでは営業開始時間がそれぞれ色で分けられているのですが、混雑が予想される日は開始時間が早くなっています。非常に混雑状況が分かりやすいのではないでしょうか。

昼のサファリ・営業時間(年中無休)
3月11日から10月31日まで 9:00〜16:30
11月1日〜3月10日まで 10:00〜15:30
ナイトサファリ・営業時間(期間限定)
4月28日〜5月6日 17:00〜19:30
7月21日〜8月26日 17:00〜19:30
ナイトサファリはゴールデンウィークと夏休み中にしか行われていないから、それ以外に行く時は注意しないとね。

富士サファリパークの混雑スポット

実際にどこが混雑するのか見て行きましょう。

富士サファリパークの混雑スポットは、

  • 入口料金所
  • チケット売り場
  • レストラン
  • 駐車場

そして期間限定のイベントではありますが、

  • ナイトサファリ
  • 赤ちゃんライオンふれあい撮影会

という感じで混雑するスポットが決まっています。

えー、ほぼメインが混雑しちゃうの?

入り口から混雑、となるとちょっと怯んでしまいそうですが、混雑の回避方法についても調べたのでまとめますね。

スポンサーリンク

富士サファリパークの混雑を回避する方法

入口料金所の混雑を回避!

富士サファリパークに行き、まず混雑するのは入口料金所です。富士サファリパークに来る方の大部分は車でやってきます。

車でやってくる=駐車場に駐車する必要があるのですが、富士サファリパークは駐車場は有料となっており、駐車する前に料金所で料金を支払わなければなりません。

そのためこの入口料金所が混雑期にはとんでもなく混雑します。入口料金所までずらーっと渋滞が出来ているほど。

混雑を回避したい方は、

  1. 早朝に並ぶ
  2. 混雑しない時間帯に到着する

こちらの2つの方法をおすすめします。

おすすめは、大変ですが早朝に並ぶ方法です。混雑期ははやく到着しないとジャングルバスの予約を取ることができないケースが多いので…(こちらは後程詳しく紹介していきます)

混雑しない時間帯に到着するですが、ジャングルバスを狙っている方は午前中には到着しています。ジャングルバスに乗らずに自家用車でもいいよーという方は、14時以降に行かれることをおすすめします。

14時を過ぎれば混雑期でも入口料金所はほとんど混雑していません。

チケット売り場の混雑を回避!

入口料金所の横にある案内所でサファリバスのチケットを購入することとなるのですが、こちらのチケットは先着順です。

混雑期は午前中にはすべて売り切れてしまうんだとか。そのためサファリバスに乗りたい方は開園と同時に案内所へダッシュしましょう。

サファリバスに乗りたい方は通常時の土日祝は開園の1時間前、混雑期の土日祝の場合は開園の2時間前には到着し並んでおくのが確実です。

賢い人は入口料金所から入ってすぐにお母さんだけ下りてお父さんが車を駐車している間にチケットを購入しています。

そしてもっと賢い人は富士サファリクラブ会員になり予約枠にて予約しています。予約しているとダッシュで案内所へ行く必要がないためおすすめです。

レストランの混雑を回避!

富士サファリパークは園内に飲食物を持ち込んでOKです。持ち込みOKなものに決まりはなく、手作りのお弁当でも買ったものでも問題ありません。

春や秋などの過ごしやすい時期にはピクニック気分でレジャーシートを広げて食べている人も多いです。

しかし問題は夏と冬、この時期に来た人はレストランを利用する方が多く、そのため混雑する傾向にあります。
レストランの混雑を回避したいのであれば、混雑の時間を避けて利用することをおすすめします。レストランが最も混雑するのは12:00~13:00で11:30には人が増え始めます。

混雑を避けたいのであれば11:00または14:00くらいに利用しましょう。

お昼の時間帯にサファリバスを予約しお昼の時間をずらすといいかも!

駐車場の混雑を回避!

入口料金所が混雑することからも分かるように、駐車場も混雑します。車が多くてスムーズに駐車できないということも多いです。

富士サファリパークの駐車場は1400台駐車可能です。人気なのはサファリバスですが、車で周る人も多いので駐車場が満車で駐車できないケースはあまりありません。

しかし混雑期の土日祝は1400台の駐車スペースが満車になることも…。その場合は第2駐車場への駐車となります。

第2駐車場に駐車となると結構歩かなければなりませんが、それでも駐車できないなんてことはないのでその点では安心して大丈夫です。

ナイトサファリの混雑を回避!

ナイトサファリはゴールデンウィーク期間と夏休みのみの期間限定イベントです。夜行性の動物たちの活発な姿を見ることができるナイトサファリは大人気で、毎年開催される時期には多くの人が訪れています。

特に夏休みは昼間は暑いですよね。動物たちも暑いので昼間はバテています。そのため夏休みは昼間よりもナイトサファリの方が多いようです。

人気なので、サファリバスのチケットがあっという間に完売というケースも…。

 

ナイトサファリのチケットですが、ナイトサファリは17:00~で、開始時間より早く入園することができません。

そこでおすすめしたいのが昼のサファリ(~16:30)から継続してナイトサファリを楽しむ方法です。その場合は早い時間からチケット販売所となる案内所へ並ぶことができます。

この方法を取っている人が多いため、あっという間に完売してしまうんですね。

赤ちゃんライオンふれあい撮影会の混雑を回避!

赤ちゃんライオンふれあい撮影会も期間限定のイベントとなります。こちらはチケット制であるためサファリバスのようにチケットを購入する必要があります。

チケットはこちらも先着順です。サファリバスを取るか赤ちゃんライオンふれあい撮影会を取るか…。なかなかの究極の選択となります。

 

チケット売り場がサファリバスのチケット売り場からは遠いため、混雑期はどちらかをゲットしたらもうどちらかは完売となるケースが多いです。

頑張ってダッシュしてチケットを確保するしかなさそうです><

個人的なおすすめは、近くに宿泊して2日間富士サファリパークを楽しむ!という方法です。どちらも開園時から行く必要はありますが、これならどちらも楽しむことができます。

富士サファリパーク周辺のホテル情報

富士サファリパークの周辺にはいくつかホテルがあります。遠方に住んでいる人が開園前に富士サファリパークに到着するのはかなり大変です。

そのため前日にホテルに宿泊し次の日ホテルから出発という人が多いです。中には車中泊をする人もいるようですが、子供が居る方は車中泊はおすすめしません。

ホテルの混雑状況ですが、やはり混雑期の前日は多いので、ホテルに宿泊される方は早めに予約しておきましょう。

周辺にあるホテルがそこまで多くないため、埋まりやすいです。周辺には、富士山や富士山子供の国があり、そちらを目当てに宿泊する人も少なくありません。

スポンサーリンク

富士サファリパークの料金は?割引はあるの?

最後に紹介するのは料金になります。富士サファリパークの料金についてですが、

昼のサファリ

  • 大人 2,700円
  • 65歳以上 2,000円
  • 中学生まで 1,500円
  • 3歳以下 無料

夜のサファリで、

  • 
中学生以上 1,700円
  • 3歳以下 無料

となります。

入園料を安くしたいのであれば、富士サファリクラブ会員に入りましょう。サファリバスのチケットの予約もできるのでおすすめです。

富士サファリクラブ会員の方の場合の料金は、昼のサファリで

  • 大人 2,000円
  • 中学生以下 1,000円

夜のサファリで、

  • 中学生以上 1,400円
  • 3歳以下 無料

となります。

またコンビニで安く買うこともできますので、行かれる方は割引チケットについても考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

富士サファリパークの混雑状況について紹介していきました。混雑しますが楽しいですよ!

ぜひ野生に近い姿の動物たちを楽しんでくださいね。車で周るのも楽しいですが、せっかくのサファリパークなのでサファリバスに乗って、エサやりなどを体験してほしいな~と個人的には思います。

オススメ記事とスポンサーリンク スポンサーリンク
  最新情報を知っているよ!この情報間違ってるよ!というあなた!ぜひ下部コメント欄に投稿してください!(匿名OK・メールアドレスも入力せず投稿できます) 推しコメもどうぞお気軽に!

よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。