大平洋横断した中学生・高橋素晴がイケメンになってる!現在は鹿児島に?




高橋素晴さんを知っていますか?高橋素晴さんは、14歳で太平洋を横断した中学生として当時話題になりました。

そんな高橋素晴さんが、今なにをしているのか気になりませんか?けっこうなイケメンになっているという噂もありますw

そこで今回は、高橋素晴さんについて紹介していきます。

スポンサーリンク

中学生で大平洋を横断した高橋素晴さん

高橋素晴さんは14歳の時にヨットで単独で太平洋を横断しました。太平洋をヨットで横断って…それだけですごいのにそれを成し遂げたのが中学生ってもうほんとうにすごいですよね。

この太平洋横断はテレビだったのですが、55日間ヨットの中だけで過ごすってかなり過酷な状況ですよね。しかもこのヨットなのですが、エンジン式のヨットじゃなかったんです。なんと帆船だったんだとか…。

親もよく送り出しましたよね…。私も親ですが、子どもがこんなことをするといったらたとえテレビであっても反対します…。怖くないですか?

 

当時は「無謀」「親のエゴ」「記録狙い」など批判の声も多かったようです。そりゃあそうですよね、無事に帰ってきたからいいものの、帰ってこれないという場合もありますもんね…。本当に無事に帰ってきてよかったです。

しかしこの経験で、高橋素晴さんは大きく人として成長して帰ってきました。

高橋素晴さんはヨットで太平洋横断している時の出来事などをまとめた本「それから―14歳太平洋単独横断」も出版されています。

当時の高橋素晴さんがこちら。

父の手作りのカヌーで子供の頃から国内横断をしたりしていたみたいですね。

大人になった現在の高橋素晴さんはイケメンに!

現在は大人になった高橋素晴さん。イケメンな男性になっていました。いい年の取り方をしていますね。

高橋素晴さんは中学に通信制の高校、そして短大へと進み環境問題を中心とした、社会問題に取り組むアースキャラバン2008のローカルリーダーを務めました。

 

現在は結婚しており、子どもも2人いるようです。幸せな家庭を築いていたんですね。きっと子供と一緒にアクティブに遊ぶいいお父さんなんでしょうね。ちなみに2回目の結婚とのこと。

自分のお父さんが14歳で太平洋を横断したって、大きくなって知ったら驚くでしょうね!

スポンサーリンク

現在の高橋素晴さんは鹿児島にいる?

現在高橋素晴さんは会社を立ち上げています。会社名は天然塩窯元・黒潮農場です。塩を作っている会社なんですね。

なぜ塩を作っているのか、それは「人は自然の摂理からかけ離れて生きてはいけない、海と山と里と生きていきたい」そういう思いから塩を作るようになったんだそうです。こだわりをもって、塩作りをしているんですね。

 

黒潮農場は鹿児島にあります。どうやら高橋さんはきれいな海を求めて鹿児島の大隅半島に住んでいるんだとか。太平洋を横断し海とずっと近くにいたので、海が落ち着くのかもしれませんね。

きれいな海の近くに住んでいるってうらやましいですね。

てっきり外国に移住しているイメージが勝手にあったので、日本に居ることが意外でした。

漁師をしたり大工をしたり、毎日が楽しそうな高橋素晴さん。

また、手作りの暮らしをいろいろと楽しんでいるようです。好きなことをやらせてくれる奥さんとお子さんにも囲まれ、本当に幸せそう。

今は米作りも始めたそうです。農薬を使わずに合鴨を使って田んぼを歩かせている姿がテレビで流れていました。

 

フリースクールで授業も行っている高橋素晴さん。子供の頃に太平洋横断というのは本当にすごいことですが、今はもっとチャレンジャーであり、すごいことをやっているんだなと感じました。

まとめ

いかがでしたか?今回は高橋素晴さんについて紹介しました。

当時は14歳で太平洋横断ってすごい!と話題になりましたよね。現在は会社を立ち上げているということに驚きました。今後どのような活躍をしてくれるのか注目ですね。

スポンサーリンク



関連記事(スポンサーリンク含)

 

最新情報を知っているよ!この情報間違ってるよ!というあなた!ぜひ下部コメント欄に投稿してください!(匿名OK・メールアドレスも入力せず投稿できます)

推しコメもどうぞお気軽に!

よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。