THAADミサイルとは?PAC3との違いも!北朝鮮のミサイル防衛は可能なのか




北朝鮮の度重なるミサイル発射を受けて、日本や各国のミサイル防衛システムの有効性や関心が日に日に増しています。
今回お伝えさせて頂くのは、ミサイル防衛とはそもそも何であるのか?THAAD(サード)ミサイルやPAC3(パトリオット3)って何?2つの違い等をお伝えします。

スポンサーリンク

ミサイル防衛システムって何?

ミサイル防衛システムとは、ミサイルの軌道を誘導したり追跡したりするレーダーやインターセプターという発射体と発射台等で構成されています。

弾道ミサイルが発射された事をレーダーが探知すると即座にミサイルの軌道を追跡し、迎撃ミサイルを発射します。発射と同時に、ミサイルを撃墜出来なかった場合に備えて、次の迎撃ミサイルを準備します。この戦略を観測迎撃戦略と言います。

最新のミサイル防衛システムでは、運動エネルギー迎撃体(KKV)を搭載した迎撃ミサイルを使用している国もあります。この運動エネルギー迎撃体搭載ミサイルを弾道ミサイルにぶつけることで核爆発を生じさせないようにしようとう意図があります。

 

アメリカを始めとして、アジア太平洋地域の同盟国は複数のミサイル防衛システムを導入しています。

このミサイル防衛システムが冒頭でお伝えさせて頂いた、THAADミサイルやPAC3となります。
日本でも、THAADミサイルが導入されたことで、海上自衛隊が運用しているイージス艦に搭載されているスタンダードミサイル3(SM-3)と陸上自衛隊が運用している車輌に搭載されているPAC3の3つがあります。

この3つの迎撃ミサイルがあることで、より多層的に弾道ミサイルに対応することが出来ます。

そもそも弾道ミサイルってどんなミサイル?

PAC3やTHAADの説明の前に分かりやすく弾道ミサイルの補足説明をさせて頂きます。

この補足説明を読んで頂ければ、PAC3やTHAADがどんなミサイルであるかもお分かり頂けます。
弾道ミサイルとは、放物線軌道を描きながら目的地まで飛ばすミサイルの事です。もう一つの特徴としては、発射直後に一気に加速してから大気圏外まで一気に上昇し、その後、しばらく飛行し、一気に降下して目的地に着弾します。

この発射直後に急加速し上昇する初期段階を「ブースト」、上昇中の大気圏内→上昇中の大気圏外→降下中の大気圏外の中間段階を「ミッドコース」、降下中の大気圏内→目的地の終末段階を「ターミナル」と言います。

「ブースト」・「ミッドコース」・「ターミナル」の3つを覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

PAC3(パトリオット3)とは?

PAC3とは、ターミナル段階でミサイルを迎撃する迎撃ミサイルです。

運用する際には、ミサイル発射機・レーダー車輌・電源車輌・管制車輌等の様々な車輌が必要になります。
素早い移動が可能で日本全国配備が可能です。射程距離は20キロ程度、瞬間的に急加速して目標物に到達し、弾頭を直撃させることで弾道ミサイルが着弾する直前に撃墜します。

小型で機動性が高い、上空でも機動性を失わないように横方向にも推進装置が付いています。
ただ、大気圏内でのミサイル撃墜となりますので、核弾頭に搭載されている放射性物質が降り注ぐリスクがあります。

あくまでも、重要施設や都市部を防衛する為にのみ使用する最終防衛ラインのミサイルです。

THAAD(サード)ミサイルとは?

THAADミサイルとは、ミッドコースとターミナルの中間段階でミサイルを迎撃する迎撃ミサイルです。

PAC3との違いは、ミサイル撃墜の場所です。PAC3は大気圏内でのミサイル撃墜となりますが、THAADミサイルは大気圏内に突入する前にミサイルを撃墜します。
これにより、放射性物質を大気圏外で飛散し、大気圏内に入るときには燃え尽きているので放射性物質が降り注ぐリスクは無くなります。

 

射程距離も、200キロとPAC3よりも格段と伸びます。つまり、放射性物質のリスクが無くなり、迎撃範囲が広くなったものがTHAADミサイルとなります。

 

今後、ますます北朝鮮情勢に関心が高まる中で、自国をしっかりと防衛できるシステムの構築が急務の課題となります。アメリカや韓国と協力しながら、北朝鮮への対抗措置を一刻も早く安心を国民に与えて欲しいものです。

スポンサーリンク



関連記事(スポンサーリンク含)

 

最新情報を知っているよ!この情報間違ってるよ!というあなた!ぜひ下部コメント欄に投稿してください!(匿名OK・メールアドレスも入力せず投稿できます)

推しコメもどうぞお気軽に!

よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。