みんなが見ている人気動画まとめ
グッド・ドクター動画】 【SUITS/スーツ(日本)動画
今日から俺は!!動画】 【娼年 動画

ザ・プレデター酷評なぜ?ネタバレ感想では結末で続編に期待!

「ザ・プレデター」が酷評っていうのを見てちょっと気になってるんだけど、ネタバレや感想が知りたいな。
プレデターシリーズは一応全部観ているんだけど(っていっても映画観に行くほどではないよ)今回は映画を観た人にネタバレありの感想を聞いてみたよ。

これから映画を観に行くなら参考にしてみてね。

この記事では映画「ザ・プレデター」のネタバレ感想についてまとめています。ネタバレされるのは困る!という場合は気をつけてくださいね。

ザ・プレデターのネタバレ感想

2018年9月14日から公開の「ザ・プレデター」。

はじめて明らかにされたのは、今回地球に降り立ったプレデター(1号)を科学調査したところ、人間のDNAが含まれていることがわかりました。人間とプレデターの交配種となります。

そのプレデター(1号)を暗殺すべく、もう一体のプレデターが地球にやってきます。そのプレデターは、体のサイズ、パワー、戦闘装備まで従来のプレデターを超える圧倒的な強さです。

もと米軍の主人公とその仲間たちは、地球を守るべく新種のプレデターに勇敢に立ち向かいます。

最後のシーンでは、プレデター(1号)の宇宙船の中から、人類のために持ってきたプレゼントが見つかりました。

このシーンは、さらなるプレデターの侵略が予想され、続編に繋がる気配が満載でした。

特殊部隊のスナイパー、クイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)は南米で任務に当たっていた際に突如宇宙船が墜落して巻き込まれます。

現場に急行するとプレデターに遭遇し、クイン以外の部隊全員が殺害されてしまいます。墜落現場で見つけたエイリアンの装備品を奪って1人生き延びたクインは、証拠品として荷物を空輸。

しかし、天才的記憶力を持つ幼い息子がその装備品を起動させてしまい、発せられた信号を探知した新たなプレデターが地球に飛来します。一方、プレデターを研究している国の極秘機関を仕切るウィル・トレーガー(スターリング・K・ブラウン)は、目撃者であるクインを拘束し隔離するために他の軍人受刑者と共に護送します。

また、眠らせて捕獲しておいたプレデターの生態についえ研究を進めるため、トレーガーは生態学者のケイシー・ブラケット(オロヴィア・マン)を招集しますが、意識を吹き返したプレデターに研究施設は破壊され、更に脱走してしまいます。

そこへ現れたのが、より大きく、そして強いプレデター、アルティメットプレデターで、人間に捕獲されたプレデターを瞬時に殺害。その遺体から採取した体液で、ケイシーが人間のDNAが組み込まれている事を発見し、この獰猛な狩猟生命体がアップグレードを目的に異種交配していると主張します。

クインの息子の類まれな能力を利用しようと、アルティメットプレデターが拉致し宇宙船で飛び立とうとするところを、クインと退役軍人達が兵士である誇りを懸けて阻止します。

不時着した宇宙船から降り立つ獰猛な新型最強プレデターとクインの壮絶な闘いが始まりますが、ケイシーと宇宙船に居たローリーの援護、そして旧型プレデターの武器を駆使してアルティメットプレデターをついに倒します。

政府の極秘研究機関で新たに就任した責任者は、ある日クインを招きます。そして、クインが遭遇した最初の宇宙船にはプレデターが地球に持ち込んだ物がある事を明かします。

それは、より高度に進化したプレデターの装備で、驚異的な破壊力を備えていました。

 

プレデターファンにとっては、新型のアルティメットプレデターの登場が嬉しい所です。

よりパワフルで更に残酷な生物ですが、これまでのプレデター作品と同様に狩猟者としての掟を踏襲しており、自分に対して戦闘的な相手には一切の容赦なく殺戮を展開するものの、弱い者には手を出しません。

また、強くなる事に貪欲であり、自分の種族を守ろうと言う保守的な考えは無く、強い者を取りこんで、更に上を目指すという点が興味深い所です。

本作の「ザ・プレデター」は6作品目ですが、駆使された特撮もエンターテイメント性が高いです。また、2010年度公開の「プレデターズ」に続き、プレデター犬が登場しますが、最後のクインとの戦闘シーンでは、ケイシー達になついたプレデター犬がアルティメットプレデターを襲う等、飼い犬に噛まれる場面はコミカルです。

ただ、物語には何のヒネリも無く浅い事が残念な点ですが、狩猟生物のプレデターを観に来た観客にとっては何ら障害にならない事かもしれません。

今後の続編でどの様にプレデターが進化して行くのかが新たに楽しめる要素になった事は、この映画の功績と言えるでしょう。

実際に見た人は、続編に期待ができそうと感じた方は多かったようです。でも、けっこう酷評されているんですよね!

ザ・プレデターが酷評?なぜ?

「ザ・プレデター」は公開早々、けっこう酷評されています。誰にでも絶賛されるようなものではないと思いますが、酷評されているのはどのあたりなのかを調べてみました。

脚本がイマイチだったのかな?プレデターが好きな人にとっては、あまり面白い映画ではなかったみたいだよね。
逆にプレデター全然知らない人が観たら面白く感じるのかな?逆に、「ザ・プレデター」最高っ!て人の意見も知りたいな。

今までの続編とかって思うともしかしたらあまり面白くなくなってしまうのかもしれないね!
「ザ・プレデター」はこれはまたこれで新しい1つのプレデターの映画と思って観たら楽しく観れるのかな!

酷評されている「ザ・プレデター」ですが、実際は賛否両論で良い評価をしている人もたくさんいます。

ただいろんな人の感想を見ていると、プレデターが好きで今までのシリーズ(特に1作目)もずっと見ていた人はプレデターっぽくないと感じられたところも多かったようですね。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで「ザ・プレデター」のネタバレ感想や評価について紹介していきました。

個人的には、動画配信サービスを色々利用しているので、今回はU-NEXTあたりで配信されたら観ようかな!というところ。

映画館に行こうか迷っている間に配信されてしまうこともあるので、便利な時代になったもんですね。

オススメ記事とスポンサーリンク スポンサーリンク
  最新情報を知っているよ!この情報間違ってるよ!というあなた!ぜひ下部コメント欄に投稿してください!(匿名OK・メールアドレスも入力せず投稿できます) 推しコメもどうぞお気軽に!

よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。